2018年8月月例会の報告

8月31日、いつもの阿佐ヶ谷市民センター。
常連9名に加え、今回は茶道の指導の為に女性3名が特別参加されました。

初参加の女性には10点のハンディキャップが与えられスタート。
三田さんが一人気合が入り、初戦であわや浮舟か?!と思わせる荒業で仲下を難なく下し、決勝戦まで進出。
他の皆さんは、長引く酷暑のためか、中々調子が出ません。
その内、「俺、10点が出せないと恥ずかしいな~」とつぶやく常連の声が聞こえて来る。
そうか、10点のハンディキャップがプレッシャーになって思うように実力が出せないのでは?!
投扇興は心理戦、そこが面白いのです。
6年続けている常連が未だにその「コツ」が掴めず「運」に頼っているなかで、橋本さんの澪標(12点)、小川さんの須磨(7点)は立派でした。
高得点の技は三田さんの浮舟くずれ15点が最高で、澪標(12点)と早蕨(11点)。
今回は阿佐ヶ谷市民センター全館に歓声が響き渡る程の超美技は出ませんでした。
終わって見れば、セコセコと小技で得点を稼いだ仲下の優勝となりました。

  

投扇興で汗を流した後は、田中さん、橋本さん、小川さんにお茶を立てていただきました。
投扇興、江戸雑学にお茶のお点前を加えることで当会をもっと楽しく充実させる試みです。
「粋な江戸人」を自称する皆さんですが、ほとんど経験がなく、挨拶や所作が分からず、全員ガチガチ、オロオロ。 
いろいろ作法を尋ねられた田中さんが「細かいことはあまり気にせず感謝の気持ちをもって自然に振る舞えばよいのですよ」とアドバイス。その言葉に救われ一同安心し、先程いただいたお茶の味が口の中に広がり、更においしく感じられたから不思議です。
ご都合のよい時にまたご指導いただけるようお願いしました。

「江戸雑学」は三田さんの「忖度社会・手続き社会」

最近話題になることの多い「忖度」を「手続き」との対比で整理した上で、日本は鎌倉・室町、江戸時代を経て今日まで、深く高い文化的資質に支えられ、人と人との関係を「信」で結んだ「忖度社会」であったこと、そのことが社会費用の小さい社会を実現してきたと指摘。
一方、最近のグローバル化、デジタル化の下で、人と人との関係を「手続き」で結ぶ社会への移行が進もうとしており、この過程で怯懦な「忖度」が生まれていると問題提起されました。

懇親会では久しぶりに美味しい香港料理を肴に喧々諤々、呵々大笑。あっと言う間の2時間でした。

  

                                       文責:仲下

10月講「象、旧街道を歩いて江戸へ」

日 時:10月20日(土) 午後3時~5時
場 所:日本橋伊場仙ビル7階 会議室
講 師:大谷眞範氏
    岡山在住。五街道をはじめ旧街道を歩き(総延長2,677㎞)、「旧街道を歩く」を出版。
    徳川吉宗の時代にベトナム~長崎~京都~江戸へ旅をした象の話を旧街道の旅と重ね合わせて語る。
会 費:会員1,000円、非会員1,500円
懇親会:中華料理店「龍府(ロンフ)」(以前の「天豊」と同じ場所)
    食べ放題、飲み放題。一人3,500円

2018年6月月例会の報告

6月18日、会場はいつもの阿佐ヶ谷市民センター。10名が集合。

今回もドラマが待っていました。
一回戦で坂本さんと佐藤さんが対戦、そこでとんでもないことが!
坂本さんが蓬生(よもぎう)の40点、久々の大技に歓声が上がりました。
続いて佐藤さんが変則的なフォームで扇子をさりげなく投げたところ、枕の向こう側に「あり得ない形」で扇子と蝶が立っているではありませんか!
とくと写真をご覧ください。蝶が扇子の要を支えた状態で扇子が直立しています。一同唖然。
とりあえず、蓬生 40点+5点=45点と採点。
終わってみれば坂本さんが63点、佐藤さん52点、ペアの高得点記録です。
決勝はそれぞれ勝ち上がってきた林さんと仲下の対戦。
11点と2点で仲下の勝ち。「決勝戦に相応しくない点数だ」と一同白けた雰囲気の中で圓山さんが遅れて到着。
誰からともなく、圓山さんと仲下を対戦させ、圓山さんが勝ったら仲下から優勝をはく奪、圓山さんを優勝者にしようということで対戦が始まりました。
結果、20点対16点、僅差で仲下が勝ち、優勝が確定。
佐藤・坂本戦の興奮が覚めないまま、盛り上がりに欠ける優勝となりました。

 
坂本さん 蓬生 40点

  
佐藤さん SATO・蓬生 45点

 
清水さん もう少しで浮舟 25点


清水さん 東屋 13点

 
林さん 桐壺 23点      仲下 早蕨 11点  

「江戸雑学」は川越さんの「飫肥藩について」

江戸連機関紙の平成28年と29年版で飫肥の歴史と川越家のルーツについて詳しく語られていますが、今回は飫肥を違う切り口で紹介していただきました。
筆者の印象に残ったのは、杉が小藩の苦しい財政難を救ったという話。
飫肥の杉は生息が早くて木目が粗く水に浮きやすい、しかも脂分が多くて水を吸収しにくいので船材に適しており、大阪や播磨(兵庫県)の造船業者の間で大きな需要があった。植林をした者に成木の1/2さらに2/3を与えるという思い切った振興策で大いに植林、広渡川(ひろとがわ)河口から油津港まで運河を開削し、大阪方面に大量に売りさばいた。
いま地方がやっきになっている「国おこし」のモデルが飫肥にありました。
次に飫肥が生んだ小村寿太郎の話。
ポーツマス条約の締結に貢献したものの、国民から大きな非難を浴びた。第二次桂内閣で外相に再選されると、日露戦争の勝利を背景に江戸末期に諸外国と結ばれた不平等条約に取組み、領事裁判制度(日本にいる外国人が罪を犯しても日本の法律で裁くことができない)を撤廃・改正、それに、輸入品に対して日本は関税を自由に決められなかった条約を改正、関税の完全自主権を回復させた。貿易立国の基礎を作った人物であることをはじめて知りました。
その他、飫肥の見どころを控えめに語る中に、川越さんの郷土愛が伝わってきました。

懇親会場は香港料理「青空」、今回はわが投扇連の要である圓山さん、白石さんが珍しく欠席。
佐藤さんのウルトラCの話題で大いに盛り上がり、体操の超難技「シライ3」ならぬ「SATO・蓬生」と命名しました!
                                           文責:仲下

9月講「歌舞伎鑑賞」

日 時:9月9日(日)10時半 歌舞伎座正面集合、11時開演(昼の部)
場 所:歌舞伎座
演 目:金閣寺、鬼揃紅葉狩、河内山
出 演:中村梅玉、松本幸四郎、中村吉右衛門他
会 費:会員・非会員共 6,000円

報告



8月講「江戸の水運と河岸」

日 時:8月25日(土) 午後3時15分~5時
場 所:高井戸区民センター
講 師:菅原健二氏
    東京都中央区立京橋図書館司書・地域資料室担当
    江戸(東京)の都市史研究家として有名、特に川に精通。
    主な著書「川の辞典 江戸・東京23区編」「川の辞典 多摩・東部編」
    「川跡からたどる江戸・東京案内」
会 費:会員1,000円、非会員1,500円
懇親会:「あいたか」九州・沖縄ダイニング(区民センター横)03‐3333-4414
     飲み放題付き、一人4,000円

報告

・江戸は現在の地面の4メートル下にある。江戸期は天災や火災があり、次第に埋もれていった。現在はアスファルトで覆われているため、堆積することはない。
・かって、江戸・東京の街中には、多くの運河や入堀が張り巡らされていた。
・関東大震災の帝都復興事業で基本的街区、道路、橋が決められた。
・東京オリンピックが開催された1960年代から最近の都市開発によって、水路と水辺空間が失われ街区が大きく変わろうとしている。
<江戸の特徴>
・臨海部の都市。水運は当時唯一の大量・高速輸送手段。
・低地の埋め立てによる都市建設は下水の処理が問題であり、そのための町割りが優先。
・江戸が全国の政治と軍事の中心となり、経済活動も活発化。大量の資材や物資の輸送が必要となり、運河と河岸地を利用した都市造りが行われた。

江戸湊の河岸


<江戸はこうして造られた>




・直営工事は徳川家臣団によって行われ、家康は江戸にいない。
・天下普請とは、必要な資金、資材、人員のすべてを大名の石高に応じて供出させて、工事・役務を行わせるもの。第一次天下普請では、西国の大名三十一家が命じられた。



・第二次天下普請は西国三十四家に命じられたが、途中、大坂の陣の始まりにより中止となる。
・その後、家康が他界し、日光東照宮造営、利根川・鬼怒川流域の川普請が、本多家他十二家に命じられる。
・第三次天下普請は、東北大名八家と黒田家・細川家の十家。



・第四次天下普請は、東北・関東・北陸の七十家。
・第五次天下普請は、百二十家。
<都市河川の誕生>
<上水道の整備>
・玉川上水の完成。新たに造成された市街地と江戸湊に停泊する千石船に給水することを目的とした。
<物揚場と河岸>
・物揚場は大名の敷地で国元からの資材などの陸揚げ施設として利用され、後に蔵屋敷・下屋敷などと呼ばれる。
・河岸は町人地に付属する荷揚場をいった。単に物流センター的な役割だけでなく、商人たちの取引の場としての市場の役割も果たす。



以上。     文責: 白石 徹