第1回「扇句会」報告

 

今般、江戸連内に俳句連を立ち上げることとなり、第1回「扇句会」が開催された。過去2回投扇興の後に勉強会の一環として句会を行ったが、そのメンバーから広く江戸連衆に句会への参加を呼びかけたらどうかとの意見があり、連内連として「俳句連」が発足された。その時、集約された意見は、
①広く連衆から出句及び選句を募る。
②作句のイメージを喚起するために写真を付ける、
と言うものであった。
そこで長谷田様にお願いし今回は初冬をイメージする「一面に積もった落葉」の写真を添付した。
その結果、寄せられた俳句は23句、選句は25句であった。投句も選句もひとり1句に限定したが、少なすぎる投選句はかえって各位の悩みの種であったようだ。
句会の後の意見交換では、「2句以内の投句と3句程度の選句」としたらどうかとの声が多く、次回以降にはそれを反映したいと考えている。
次回は2月を予定している。長谷田様に『早春』イメージの映像をお願いしているので、皆様にはその写真からイメージを膨らませて、早春の句を作られることを期待している。
さて、今回寄せられた23句は、みなそれぞれに個性が出て味のあるものであった。ここではその内5句の秀句を紹介したい。

雲水の踏みわけてゆく落葉道  安居院半樹

 この句の優れたところは、上五に「雲水」を配したことにより、時間的、空間的広がりが出た。どんな格好の
 雲水か、どこからどこへ旅をするのだろうか等、読者の想像力を掻き立てる。参加者の共感を尤も得た句で
 ある。

冬の朝再起を期してペダル踏む 信陽蒼生

 病みぬけて「さあ、また頑張るぞ」と寒い朝に自転車のペダルを強く踏み出す。落葉の写真から寒い朝を
 感じたのは作者自身の体験に基づくのであろう。この句で「冬の朝」が季語として最適か、という問題提起
 がなされた。俳句では良く「季語が動く」と言う。例えば「秋の朝」では駄目なのかとか。この句の場合、
 再起の決意を寒い朝にしたことに眼目があり「冬の朝」で良いような気がするが「霜の朝」とかもっと
 厳しさを出した季語がベターかもしれない。

掃く人の逝きしあとにも朴落葉 小川裕子

 落葉を掃いてくれていた人は、今はいない。それでも季節になると木の葉は散る。朴の落葉は大きくて動けば
 音も出る。それを見聞きするといなくなった人を思い出す。

さくさくと踏みし落葉の色重ね 小林敬子

 上五の「さくさくと」の擬音語が焦点になる。オノマトピアは使い方によって面白いし、また、問題にも
 なる。乾いた落葉なのだなあ、と想像される。ただ、下五の「色重ね」まで言うと、上五がやや弱くなって
 しまいかねない。

来し方の苦き思ひや紅葉散る  圓山謡拙

  冬になると一年を振り返る。また、その連想で遠い昔の事も思い起こす。
  「苦き思ひ」って何だろう。読者はわが身に置き換えて想像するだろう。
  それは誰にも言えない墓まで持っていくことかもしれない。「散る」がこの辺りを連想させる。

                          文責: 林半寿

11月・12月の報告

                         古文書連幹事長 圓山謡拙

 江戸連機関誌9号に「古文書という知の鉱脈」という雑文を掲載して「江戸連の中にも古文書好きが結構いそうなので、そのうち古文書連でも旗揚げしようかと思っている。」と決意表明してから早6年近くが経過したが、今回ようやく旗揚げに漕ぎ着けることができた。その一番の要因は神山直樹さん(会員・機関誌編集担当。古文書歴10年強)という講師としての力量を持ち、かつ豊富な古文書資料を持った人材を江戸連内で確保できたことである。
二番目の要因は江戸連の中に「いつか機会があれば、古文書を勉強してみたい」という潜在的古文書ファンが大勢いたことである。発足呼掛けに、どれだけの人が参加してくれるのか全く自信はなかったが、30人を超える人が参加してくれたことに驚くとともに感謝している。そして参加された会員から「未知の世界に迷い込んだ感じです。なんかワクワクして講義を受けました。」とか「古文書連の翌日に四谷の消防博物館へ行きました。(江戸時代の)書状や高札の文字もとても興味を深く感じました。」とか「変体仮名をいくつかマスターでき新鮮な思いだ。」などのうれしい感想を頂く一方、「一時に大量の資料を渡し過ぎで、消化不良になっている。」「もっと時間をかけてゆっくりと進めて欲しい。」「初歩的なものに重点を置いて欲しい。」「古文書は声を出して読んで欲しい」などの率直なご意見を頂いた。こうした指摘を肝に命じ、”面白い教材”を”丁寧”に”時間”をかけて今後の古文書学習を行っていこうと思っている。
 11月(一回目)及び12月(二回目)の古文書連では、①「たけくらべ(樋口一葉)」の冒頭部分②一枚もの「京都洛西珍事之次第」「あほうの番付」③「百人一首」の天智天皇と持統天皇部分④「年玉日待噺」の門松・萬歳部分⑤「主鈴殿之趣」(三次藩跡継ぎ問題)などをテキストとして取り上げたが、欲張りすぎた感が否めず猛反省!
しかし、参加してくれた江戸連の皆様の熱心さと好奇心の強さには驚かされた。

 

2019年11月月例会の報告

今回の投扇興は、何れも連内連として発足した「古文書連」と「俳句連」の第一回「古文書講」と「扇句会」に挟まれるという江戸連祭りの柱の一つとなった。
11月29日の会場はいつもの阿佐ヶ谷区民センター。
強豪仲下さんが海外出張中とあって、「鬼の居ぬ間に洗濯」とひそかに野心を隠す13人の面々。
今回は句会参加を兼ねて小嶋さんと宮原さんが新人として参加して対決。
しかし全体としては低調ですべての試合を通じて最高点は28点にとどまった。
そのなかでも「東屋(あずまや)」を出した圓山さん、「早蕨(さわらび)」を2度も出した川越さん、さらに塩出さん、坂本さん、林さんも「早蕨」を出して気を吐いた。さらに台風の目となったのが、左腕の独特の投法を開発した佐藤さん。古作、圓山両氏をなぎ倒し、準決勝まで進出した。
しかし「兵は詭道なり」という孫子の兵法も林さんの前では十分通ぜず。
他方、1年前に華麗なデビューを果たした女性闘士の小川さんは、坂本さんとの対戦において26対19で敗北しつつも腕は確か。敗者復活戦でも林さんと対決し善戦(15対9)した。
その間、コンスタントに得点を積み重ねた川越さんが、準決勝で強者坂本さんに18対17の僅差で競り勝って、優勝を目指して林さんに挑むことになった。川越・林両氏は9月月例会でも決勝戦に進出した宿命の対決である。
元々練達の士でありながら、句会の師匠でもある林さんは決勝戦でも淡々と無私の心で投げたせいか、22対9で川越さんを制して今年3度目の優勝。
俳諧も投扇興も詰まるところ、途は同じか。
次期は川越さんの再度の挑戦を期待したい。
                             (文責 清水学)

  
  塩出さん 早蕨 11点      圓山さん 東屋 13点     川越さん 早蕨 11点

  
  坂本さん 早蕨 11点     川越さん 早蕨 11点     林さん 早蕨 11点

 
   小嶋さんと宮原さんが初参加       林さんが9月に続いて2連勝

2月講「水辺空間から見た中・近世の品川-品川宿の歴史の変容-」

日 時:2月22日(土) 午後3時~5時
場 所:高井戸地域区民センター 第9集会室
     京王井の頭線「高井戸駅」徒歩3分
講 師:柘植信行氏
     品川歴史博物館元副館長・現専門委員
会 費:会員1,000円、非会員1,500円
懇親会:「あいたか」九州・沖縄ダイニング(区民センター横)03‐3333-4414
     飲み放題付き、一人4,000円

2月特別講「法泉寺釈迦涅槃図と東向島散策」

日 時:2月15日(土)10:30~15:00
場 所:10:30 東武スカイツリーライン 東向島駅改札口集合
行 程:東向島駅~法泉寺(涅槃図拝観・解説・昼食)~13:00白髭神社石碑~鳩の街商店街~
    15:00頃、曳舟駅~浅草駅(自由解散)
案内人:荻原延元氏(江戸連会員)日本画家、川村学園女子大学名誉教授
会 費:会員2,000円 非会員2,500円(昼食弁当・お布施込み)
その他:定員30名 申込先着順、定員になり次第締め切り