3月講「江戸の蘭学塾ー大槻玄沢と芝蘭堂ー」

江戸時代の芝蘭堂は、大槻玄沢が開いた蘭学塾としてよく知られている。高校の日本史教科書では、蘭学の隆盛を築いた人物として玄沢を挙げ、芝蘭堂を開いて多くの門人を育てたことを強調している。しかし、教育の実態は、案外わかっていない。門人の記録などを手掛かりに玄沢がどのような教育を行っていたのかをお話したい。

講 師:松本 英治氏
     開成中学校・高等学校教諭
     近世対外関係史・洋楽史を研究

日 時:3月27日(土)午後2時~4時
場 所:高井戸区民センター第9集会室
    オンライン(Zoom)配信あり
参加費:会場参加-会員1,000円、非会員1,500円
    Zoom参加-会員500円、非会員1,000円

2月講「江戸の社会と浮世絵の情報力」

緻密な技術に支えられ、現在は国内外で愛好される浮世絵版画は、様々な情報を伝えるメディアとして発達しました。歌舞伎や遊郭などの楽しみだけではなく、江戸時代に起きた地震や伝染病の流行、政治への不満なども積極的に主題とした浮世絵の情報力に注目し、江戸庶民が浮世絵をどのように楽しんだか考えます。

講 師:藤澤 茜氏
     神奈川大学国際日本学部日本文化学科・准教授
     歌舞伎・浮世絵を中心とした日本文化を研究

江戸連での過去の講演
2008年08月講「浮世絵に見る江戸の暮らし」
2009年12月講「浮世絵に見る歌舞伎」
2015年04月講「浮世絵の歴史」
2017年04月講「十二支の役者見立て絵」

日 時:2月20日(土)午後2時~4時
場 所:オンライン(Zoom)配信のみ
参加費:会員500円、非会員1,000円

なお、参加費は3月講と合わせて、3月にお支払いください。
キャリーオーバーのある方は、2・3月講の参加費に充当します。

1月講「新宿山の手 七福神めぐり」

集合時間:1月16日(土)午前10時
コース:JR飯田橋駅西口改札付近(新宿寄りの神楽坂方面・江戸時代の牛込御門の石垣が残る)~神楽坂~
    ①善国寺(日蓮宗毘沙門天・家康が創建)~地蔵坂~旧御徒組屋敷(大田南畝の誕生地)~
    ②経国時(日蓮宗「火伏せ」の大黒天・境内に長崎山王神社の被爆の楠)~大江戸線牛込柳町駅乗車→
     東新宿駅下車~
    ③稲荷鬼王神社(恵比寿・豆まきで「鬼は内、福は内」と唱える)~
    ④永福寺(曹洞宗福禄寿)~
    ⑤厳島神社(弁財天・朱印は西向天神で受け付け)~
    ⑥法善寺(日蓮宗寿老人)~西向天神(弁財天の朱印受付)~
    ⑦太宗寺(浄土宗布袋尊・信州高遠藩内藤家の菩提寺・江戸六地蔵の一つ、都内最大の閻魔)~
     丸の内線新宿御苑前駅・解散
参加費:会員500円、非会員1,000円
その他:・新年会は中止です。
    ・Zoomによる配信はありません。
    ・出発場所で地図と解説資料をお渡しします。現場での説明はありません。
    ・5人一組で順次出発します。
    ・最終地点で流れ解散です。

報告

コロナ禍により中止



12月講「江戸芸能づくし」

日 時:12月5日(土)午後2時~4時
場 所:東京ウイメンズプラザ(青山)第一会議室B
演 目:落語「猫の災難」          花伝亭長太楼師匠(江戸連会員)
    狂言紙芝居「ぶす」「かたつむり」  寿々方さん(江戸連会員・江戸がたり家元)
    トランプマジック         三宮さん(江戸連会員・奇跡の会事務局長)
    落語「子別れ」          花伝亭長太楼師匠(江戸連会員)
会 費:会員1,000円(会場参加)。Zoom参加者は無料。
その他:会場参加者は20名に限定。マスク着用の事。
    コロナの感染状況拡大の場合は会場参加は突然の中止もあります。
    恒例の忘年会は今回中止です。

報告

花伝亭長太楼師匠(江戸連会員)
   

   

   

寿々方(江戸連会員・江戸がたり家元)
   

   

   

三宮政一氏(江戸連会員・奇跡の会事務局長)動画出演
   

   

   



11月講「高井鴻山」を語る

葛飾北斎を小布施に連れてきた高井鴻山。信濃の豪商の実態は、幕末維新に於ける先覚者であった。

日 時:11月28日(土)午後2時~4時
場 所:高井戸区民センター第9集会室(57名収容可)
講 師:新実正義氏(江戸連会員・元江戸連代表理事)
会 費:会員1,000円、非会員1,500円(会場参加者)。Zoom参加者は無料。
その他:会場参加者は20名に限定。マスク着用の事。
    コロナの感染状況拡大の場合は会場参加は突然の中止もあります。
    その場合、参加費はキャリーオーバーとします。

報告

小布施
 ・北国街道の近くにあり、中山道に通じ、北陸から京都、江戸に繋がる交通の要衝。
 ・六斎市という月6回の市が開かれた。米・麦の銭相場が立てられた。
 ・固定店舗が増大し、上町・中町・下中町という特権を持った店の町ができ、そのあと裏町・横町が分かれ
  町組五町と呼ばれた(町組は地域名ではなく町内会名で時代により変化)。
 ・茶・塩・魚など食料品、水油・太物・細物など衣料雑貨品を扱う店が多かった。
   

高井家と高井鴻山略伝
 ・詳細略(配布資料参照)
 ・上町の商人。穀物・塩・酒などを扱い、京都の公家へも出入り。総石高300石を超える大地主。
 ・大名貸しも行う。飯山藩から10人扶持を与えられ、家老待遇を受けていた。
 ・鴻山は15~31歳のあいだ京都へ2度、江戸へ1度遊学している。
 ・京都では書・画・詩を学び、陽明学に傾倒。
 ・江戸では、さらに陽明学を深め、多くの学者・文人等と交流。
 ・小布施での鴻山は、家業は弟に任せ、政治・社会・文化面に活動。
 ・葛飾北斎は晩年、小布施の鴻山を4度訪ねており、東町、上町の祭りの屋台の天井絵や岩松院の天井画を
  依頼され描いている。
 ・鴻山は当初攘夷思想であったが、後に開国論に変わる。
 ・幕府を支援、明治になると政府に建白書を提出したり、晩年は教育事業に力を尽くす。

高井鴻山と葛飾北斎
 ・鴻山が江戸遊学中に北斎と出会ったと思われる。北斎は80歳超え。
 ・小布施出身の小山中兵衛が江戸に開いた呉服店「十八屋」が関係しているかも。
 ・北斎への支払いは「十八屋」を通じて行われている。
 ・北斎83歳、天保13年(1842年)に初めて、小布施の鴻山を訪問し滞在する。鴻山37歳。
 ・北斎は鴻山に「画狂老人」と刻した自身の印を贈っている。
    

岩松院天井絵の謎
 ・講演者新実正義氏は、岩松院の天井絵は北斎の娘の「お栄」の作品ではないかと推測。
    

以上。    文責: 白石 徹