投扇連

2017年2月月例会の報告

今年最初の例会は2月2日。いつもの阿佐ヶ谷市民センターの4階和室。この日はこの部屋から上がる歓声で4階はさぞ煩かったでしょう。
高得点の技が出るは出るは、その数20回! その都度大歓声が上がりました。
斎藤さんが7回、決勝戦では59点という今までになかった最高得点をたたき出し、次点の圓山さんが4回、1回戦で53点、普段なら最高得点でしたが、斎藤さんの59点が凄すぎました。
そして、あわや夢浮橋(50点)、横笛(35点)というきわどい技を圓山さんと三田さんが披露。
横笛(35点)は以前どなたか達成したことがありますが、夢浮橋(50点)は未踏の技です。
さらに、参加2度目の須藤さんが明石(15点)と東屋(13点)で37点を上げ、1回戦でベテラン仲下を相手に堂々の勝利。

優勝  斎藤さん
準優勝 圓山さん 三田さん
最高得点 斎藤さん 59点(新記録) 次点 圓山さん 53点
高得点の技:
 最多:斎藤さん 浮舟 30点 蓬生 35点 若紫 13点 早蕨 10点(4回)合計:118点(新記録) 
 次点:圓山さん 若紫・夢浮橋 17点 早蕨 10点(3回)合計:47点 
参加者:12名(荻原さんと古作さんが初参加。寿々方さんと山下さんは江戸雑学講座に参加)
 
高得点の数が多すぎるので「注目技」5点だけを紹介します。

斎藤さんの浮舟       斎藤さんの蓬生
斎藤さんの完璧な「浮舟」30点  これまた、斎藤さんの「蓬生」
この瞬間がたまらんのです。   35点!かなり難度の高い技で
見て下さい、この笑顔!     1年の内2-3回しか出ません。

須藤さんの明石    三田さんの朝顔・横笛
須藤さんの「明石」15点    三田さんの「朝顔・横笛」18点 
お見事!嬉しい表情をカット  もし蝶がまっすぐ立っておれば
してしまいすみません。    「横笛」35点。残念!

圓山さんの若紫・夢浮橋      斎藤さん優勝
圓山さんの「若紫・夢浮橋」  斎藤さん、おめでとう
17点。扇が扇子を完全に    ございます!
背負っておれば「夢浮橋」
50点という大技。いつも
クールな圓山さんが興奮、
しばらく固まりました。

投扇興の後は江戸雑学勉強会。
 ゲスト荻原さんの講演。 日本のかたち:数にちなむ造形から 建築・庭園
 「日本文化を学ぶ中で美術の世界を観てゆく時、美しさや芸術性について語るばかりではなく、視点を少し変えて観ると思いがけない知識を得ることがあります。
今回は”数と造形”をテーマに良く知られている優れた建築、庭園を中心に選び、造形美術の世界の多様な面白さと意味の深さについてスライド上映と合わせて1時間ほどお話をしました。今日まで大切にされてきた造形美術は、その全てに深い意味がある事に気づかされます。」 荻原延元
 「数」を切り口に語られる日本の建築と庭園の多様な面白さと意味の深さに「目からうろこ」でした。ありがとうございました。
荻原延元さん講演1   荻原延元さん講演2

 遊びと学びの後は「新福來」。旨い中華料理で飲むビールと紹興酒はうまかったぁ~
宴会

2016年10月月例会の報告

10月31日(月)15時15分からいつもの阿佐ヶ谷地域センターでプレイを楽しみました。参加者は8名。8月例会は台風で中止しましたので今回は4か月ぶりのプレイでしたが、皆さん4ヶ月のブランクを感じられませんでした。
長谷田さんが来年の機関紙「江戸連」に紹介のため、写真取材をしていただきました。

今回は、前回決勝で田中さんに敗れた圓山さんが堂々の優勝。

 優勝   圓山さん
 準優勝   斎藤さん
 最高得点 圓山さん 39点
 高得点の技をご覧下さい。

齋藤さんの浮舟・早蕨の中間    仲下さんの桐壺
齋藤さんの”浮舟・早蕨の  仲下さんの桐壺 20点
中間 20点”

齋藤さんの明石    圓山さんの明石
齋藤さんの明石 15点     圓山さんの明石 15点

圓山さんの若紫    仲下さんの東屋
圓山さんの若紫 13点     仲下さんの東屋 13点

一回戦の川越・仲下戦では、両者が10回投げてすべて扇子を蝶に当てるという記録が出ました。

齋藤さんの”浮舟・早蕨の中間 20点”について

蝶が扇子の上に完全に乗った状態で立っておれば、浮舟30点になるのですが、扇子の端に触れて立っていましたので、浮舟30点と早蕨10点の中間をとって20点となりました。

投扇興の後は江戸雑学勉強会。

講師は田中強氏。2014年10月の「朝顔の話」、昨年8月の「失われてゆく野草の保護」に続き今回、第三弾として「日食を学ぶ」を語っていただきました。

1983年滋賀大学日食観測団の一員としてジャワ島で体験された記録を自分で制作されたスライド「黒い太陽を見る」に一同、目が釘付けになりました。

ダイヤモンドリングやコロナの映像、地球から太陽と月が同じ大きさに見える自然の不思議さなど、異次元の話は眠っていた知的好奇心を大いに掻き立てられました。

インドネシアのポスター
悪魔ゲルバナが太陽を飲み込み、その日食の太陽を見ると目がつぶれるとインドネシアが国を挙げて国民に呼びかけた当時のポスター

田中強氏の講演

12月講は江戸連の師走講の参加者の皆さんに楽しんでいただきます。常連が丁寧に説明・指導いたしますので、ご気軽に参加下さい。

 12月18日(日) 13:00 – 15:00 堀切菖蒲園静観亭 2階 師走講会場

来年の”投げ初め”は2月です。日程が決まりましたら案内いたします。

2016年8月投扇連月例会のお知らせ

日時:8月30日(火)午後3時15分~午後6時45分
会場:阿佐ヶ谷地域区民センター4階第2号和室
   杉並区阿佐ヶ谷南1-47-17 JR阿佐ヶ谷駅徒歩3分
会費:1,000円/1人
内容:投扇興練習会及び勉強会(午後5時開始予定)
勉強会:田中強氏「黒い太陽を見る」
    日食の起こるわけと皆既日食観察記録をプロジェクタを使用してお話頂きます。ご期待下さい。
懇親会:中華店開催予定(実費自由参加)
皆様の御参加をお待ちしております。

※お手数ですが、ご参加の方は8月15日までに塩出宛に連絡願います。

2016年4月投扇連月例会の報告

投扇興

4月27日(水)3時よりトーナメント形式の試合を行いました。場所はいつもの阿佐ヶ谷地域センター

 優勝      林さん
 準優勝    仲下さん
 最高得点   仲下さん 47点
 最高点の技 浮舟20点(斎藤さん)、桐壺20点(仲下さん)

浮舟20点  桐壺20点

 浮舟は本来30点ですが、蝶が扇子から外にはみ出しているため10点減点され、20点と判定されました。

江戸雑学講座

投扇興で汗を流した後は、講師 圓山 稔氏の「古文書入門」
 圓山氏の解説で江戸を代表する著名人(烏丸光廣、小林一茶、加藤千蔭、十返舎一九、大田南畝、与謝蕪村、伊能忠敬)の自筆文をテキストに古文書の読み方を学びました。

2016年2月投扇連月例会の報告

投扇興

2月1日(月)3時30分よりトーナメント形式の試合を行いました。場所はいつもの阿佐ヶ谷地域センター

 優勝      仲下さん
 準優勝      林さん
 最高得点    圓山さん 58点
 最高点の技  浮舟 30点(圓山さん)

浮舟30点 若紫13点 東屋13点
最高点 浮舟30点    若紫13点(三田さん)  東屋13点(斎藤さん)
(圓山さん)

江戸雑学講座

清水学氏の「江戸幕藩体制と現代インドの連邦制との比較」~現代のインド問題を理解するために~
 2022年には人口14億人の中国に追いつき、その後中国を追い越して世界最大の人口大国となるインドについて我々はあまりに知らない。現代インドの連邦制が江戸幕藩体制とどう結びつくのか?
まずは英領インドがインド・パキスタンに分離され独立する歴史と現状を清水氏は独自の視点で解説。
次回に続きます。

投扇興とは

投扇興(とうせんきょう)とは、桐箱の台に立つ「蝶」に向かって扇を投げ、その扇・蝶・台によって作られる形を採点、源氏物語にちなんだ名前をつけて、その得点を競う遊びです。
江戸の中期に京都で起こり、江戸幕末まで庶民の間で愛されました。
投扇興

形と得点
全部で46種類の形がありますが、その一部を紹介します。

花散里(はなちるさと)  早蕨(さわらび)
花散里 (はなちるさと)   早蕨(さわらび)
2点 一番頻繁に出る形  10点 時々出る形

桐壺(きりつぼ)  浮舟(うきふね)
桐壺(きりつぼ)       浮舟(うきふね)
20点 中々出ない形    30点 かなり難度の高い形

出典(写真): ウィキペディア

2016年6月投扇連月例会のお知らせ

日時→6月2日(木)16時より18時まで
場所→阿佐ヶ谷地域センター
参加方法→江戸連メールに掲載される案内状に参加する旨のメールを返信
参加費→ 1,000円

江戸雑学講座は会場の都合で休みます。
投扇興終了後は懇親会(自由参加)

報告

6月2日(木)16時から18時までいつもの阿佐ヶ谷地域センターでプレイを楽しみました。
会場の確保が出来なかったため、江戸雑学講座は休講としました。

参加者は10名。 出場3回目の田中さんが回を重ねる毎に調子を上げ安定した得点で、モタつくベテランプレイヤーを押さえて見事優勝!

 優勝   田中さん
 準優勝  圓山さん
 最高得点 田中さん 33点

最高点の技
東屋
東屋(あずまや)13点 白石夫人

普通中々出ない澪標 (みおつくし、11点)を今回、御三方がたたき出しました。
澪標1 澪標2 澪標3
   川越さん      田中さん      圓山さん



「投扇興」この一年を振り返って(2015年)

2011年8月に八人のメンバーで練習会をスタートさせて早くも四年、現在、十四名の常連に加えビジターの皆さんが折々参加され、優雅ながらもスリリングな投扇興を楽しみました。
高得点の銘(蝶・扇・枕によって作られる形)に歓声を上げる回数が格段に増えたのはトレーニングの成果です。
写真1は今年、川越・坂本さんがたたき出した蓬生(よもぎう)三十五点。写真2は6月の練習風景。

写真1  写真2
写真1             写真2

練習の後は江戸の勉強会、今年もいろいろな視点から江戸を眺めました。

2月4日 光田憲雄氏(ゲスト) 大道芸「南京玉すだれ・物売り」
4月20日 斎藤盾氏「薬の話」
6月29日 新実正義氏「海苔の文化史」
8月3日 圓山稔氏 一坂洋三氏(ゲスト) 観世流 謡曲「敦盛」
田中強氏(ゲスト)「失われてゆく野草の保護・育成」
-クマガイソウ、カタクリを通して-
10月28日 三田義之氏「江戸から見たアベノミクス」
12月6日 江戸連十二月講の前座で希望者を招いて投扇興の楽しさを紹介

体と頭がほぐれた後は「新福來」に場所を移して美味な中国料理を肴に懇談会。練習の反省はそこそこに、話題は経済、政治、芸術、果ては江戸連のノーベル平和賞の可能性にまで迷走、きっちり二時間が経過したところで幹事のお開きの声がかかり終了します。

仲下尚治

掲示板

活動日 2ヶ月に一度、練習日の2~3週間前に江戸連メールで案内
活動場所 阿佐ヶ谷地域区民センター
参加費 1回1,000円
代表者 仲下尚治
幹事 塩出明彦
参加方法 江戸連メールに掲載される案内状に参加する旨のメールを返信

4月度投扇興開催ご案内

江戸連の皆様

 観桜時期を迎え皆様ご健勝の事とお喜び申し上げます。
さて投扇興開催を下記の通りご案内します。

・日時→4月27日(水)3時より
・場所→阿佐ヶ谷地域センター
・同時に講演会開催
 講師→圓山 稔氏
 演題→「古文書入門」
講師が収集した小林一茶、与謝蕪村、十返舎一九等が自ら書いた古文書を紹介がてらその手跡を味わう興味深い企画です。

・投扇興終了後の懇親会は参加自由です。
・参加予算→1千円と懇親会は実費
・参加者は事前連絡を願います。
・ご不明点は塩出宛に願います。

江戸連投扇興幹事長補佐
塩出 明彦

報告

投扇興

4月27日(水)3時よりトーナメント形式の試合を行いました。場所はいつもの阿佐ヶ谷地域センター

 優勝    林さん
 準優勝   仲下さん
 最高得点  仲下さん 47点
 最高点の技 浮舟20点(斎藤さん)、桐壺20点(仲下さん)

浮舟20点  桐壺20点

 浮舟は本来30点ですが、蝶が扇子から外にはみ出しているため10点減点され、20点と判定されました。

江戸雑学講座

投扇興で汗を流した後は、講師 圓山 稔氏の「古文書入門」
 圓山氏の解説で江戸を代表する著名人(烏丸光廣、小林一茶、加藤千蔭、十返舎一九、大田南畝、与謝蕪村、伊能忠敬)の自筆文をテキストに古文書の読み方を学びました。



2月投扇連のお知らせ

新年も早や1か月を迎え、厳冬が身に染みる日々が続きますが如何お過ごしでしょうか? 改めまして本年も宜しくお願い致します。

直前のご案内になり申し訳ありませんが下記の通り本年初投げ?開催を御案内申し上げます。年の初めに当り初参加の会員様のチャレンジを期待しております。

なお投扇興後の5時頃より会員清水様にご専門の御立場よりお話を頂きますので、ご興味がおありな方々のご参加を併せお待ちしております。

初参加でご不明な点がおありな方はお手数ですが塩出宛送信下さい。

・開催日:平成28年2月2日(月)
・時間:PM3時15分~6時45分
・場所:阿佐ヶ谷地域区民センター 4階第2号室
住所:〒166-0004 杉並区阿佐ヶ谷南1-47-17
電話:03-3314-7211
・行き順:JR阿佐ヶ谷駅南口から徒歩2分
・ホームページ:地図は下のアドレスをクリックして頂き、画面が出まし
たら地図はこちらの赤ピンマークを再度クリックして下さい。

http://www2.city.suginami.tokyo.jp/map/detail.asp?home=H04920

会費:1,000円/人

払込みでは無く、当日お支払下さい。

尚2月勉強会は会員清水学氏に「江戸幕藩体制と現代インドの連邦制との比較」~現代のインド問題を理解するために~と題してご講演を戴きます。

終了後に中華店「新福来」にて懇親会を予定しておりますのでご自由にご参加下さい。

報告

投扇興

2月1日(月)3時30分よりトーナメント形式の試合を行いました。場所はいつもの阿佐ヶ谷地域センター

 優勝    仲下さん
 準優勝   林さん
 最高得点  圓山さん 58点
 最高点の技 浮舟 30点(圓山さん)

浮舟30点 若紫13点 東屋13点
最高点 浮舟30点  若紫13点(三田さん) 東屋13点(斎藤さん)
(圓山さん)

江戸雑学講座

清水学氏の「江戸幕藩体制と現代インドの連邦制との比較」~現代のインド問題を理解するために~
 2022年には人口14億人の中国に追いつき、その後中国を追い越して世界最大の人口大国となるインドについて我々はあまりに知らない。現代インドの連邦制が江戸幕藩体制とどう結びつくのか?
まずは英領インドがインド・パキスタンに分離され独立する歴史と現状を清水氏は独自の視点で解説。
次回に続きます。