事業報告

平成29年度総会

開催日時:平成29年4月23日(日)午後2時~3時
会場:日本橋伊場仙ビル7階 会議室
会員総数:84名(当日出席会員 25名、委任状 58名、欠席 1名)

第一議案 「平成28年度の事業報告と決算について」

1.事業報告

(1)NPO法人江戸連は発足後14年目を迎え、「江戸を遊び 江戸を学び 江戸のよさを今にいかす」という活動の趣旨は着実に定着してきている。平成17年度(江戸連機関誌一号発刊時)に24人だった会員数は、その後平成22年度に45人、そして平成28年度には84人に増加している。
毎月の講の参加者数も平成28年度は年間総数約500人(平均42人/月)という大勢の参加を得て盛況であった(平成28年度の講の実績参照)。

(2)講の内容は、講演が6回(うち会員が2回、外部講師4回)、江戸文化の鑑賞や遊びが3回、江戸や小江戸散策が3回であった。講演の外部講師については、会員の幅広い人的ネットワークに支えられた企画であった。またそれ以外の講についても、ガイド・チケット手配・落語・投扇興など会員諸氏の多大なご尽力があったればこそ実現した講がほとんどであった。新実理事ほかの会員諸氏に深く感謝する。行田・青梅・雑司が谷・隅田川と4回の外出行事は、事前の天気予報を覆すほどの”江戸連日和”に恵まれた。

(3)江戸連の「連内連」の活動もすっかり定着してきている。蕎麦連(石綿道場主&白石幹事長)の参加者が、江戸連に入会するというケースも目立っている。投扇連(仲下会長&塩出幹事)も常連の腕が上がり、毎回高得点を競い合っている。投扇の後、参加者が代わる代わる様々な講演を行っているが、江戸連メンバーの話題の広さを感じさせてくれる。
江戸連会員の増加に伴って、以前のような”face to face”の関係が希薄になりがちな所を、連内連の活動はよくカバーしてくれている。まだまだ新しい連内連の活動が起こってもよいと思っている。

(4)平成28年度には、水野谷氏が徒歩による日本縦断を成し遂げ『ニッポン縦断だより』を、寿々方理事が『北門の功労者アイヌ語通訳・上原熊次郎』を、また吉田(誠)理事が『遠き海原~世界都市「江戸」誕生の物語』をそれぞれ上梓、また白石広子さんが博士課程へ進むという活躍を見せてくれた。いくつになっても、挑戦し続ける会員の姿に大いに励まされる。

(5)江戸連機関誌12号が発刊された。数多NPOがある中で、定期的に機関誌を発刊しているところは少ないと思う。機関誌は毎月の「講」と並ぶ、もう一つの江戸連活動の柱とも言える。
多くの会員諸氏が機関誌に原稿を寄せ、また機関誌販売に協力してくれることにより、長期に亘る江戸連機関誌の発刊は支えられているものと考えている。お陰様で12号も在庫は限りなくゼロに近づいている。毎号機関誌向上のために、奮闘してくれている編集担当の努力に感謝する。

(6)ここ数年来の課題であった江戸連ホームページが、白石事務局長、渡辺理事及び山本会員のおかげで、大変充実した内容になった。ホームページを通じて機関誌購入の申込みがされるなど、ホームページが江戸連と外をつなげるツールとして力を発揮できればと思っている。

2.決算(別紙1参照)

第二議案「平成29年度の事業計画と予算について」

1.事業計画

(1)講の企画
 平成29年度についても、「江戸歩き」「江戸遊び」「江戸学び」の三つのテーマに沿った講を企画していきたい。

4月講(23日)「十二支の役者見立絵」 講師:藤澤茜氏(浮世絵研究家)
5月講(27日)「江戸城の”歴史と植物”を探訪する」 案内人:土屋繁氏(歴史)、麦野裕氏(植物)
6月講(17日)「地形を見れば歴史がわかる」 講師:竹村公太郎氏(元建設省河川局長)

7月講以降には、宮川都吉氏「江戸時代の発酵技術~食品と藍染に見るバイオの源流~」、服部早苗氏(工芸作家)「藍染筒描の魅力(仮称)」、白石広子氏(テーマ未定)などの講演、及び「二葉苑(新宿区中井)での染色体験」、その他恒例の「歌舞伎鑑賞」「年忘れ投扇興と江戸芸能」「七福神巡り」などを企画している。講の企画(講師選定など含め)については、今後とも会員諸氏の積極的な協力をお願いする。

(2)機関誌13号の発刊について
 平成29年度も機関誌13号を発刊する。機関誌は江戸連が誇り得る活動の一つである。今後とも、機関誌への原稿協力や販売協力を切にお願いする(会員は最低5冊できれば10冊、役員は最低15冊できれば30冊の販売)。

(3)江戸連の書類や機関誌(在庫)などの収納場所の確保について
 江戸連の書類や機関誌(在庫)は、現在品川宿会館の新実理事の事務所内ロッカー及び圓山・白石・村岡理事宅にばらばらに置かれている状態である。しかし今の状態を維持することは限界になってきたため、適当な場所に貸ロッカーを確保することを検討する。

2.予算(別紙2参照)

第三議案「役員の改正について」
 
 平成29年度は任期満了に伴う役員の改正の時期に当たる。会計担当理事として活躍された山下武彦氏及び村岡洋二氏がそれぞれ個人的な理由により理事を退き、代わりに会計担当として川越誠司郎氏を、またホームページの充実のために山本秀美氏を新しい理事として推薦する。その他、理事の圓山稔・白石徹・新実正義・松本崇男・長谷田一平・佐原道子・寿々方・渡辺和夫・野津弘・吉田誠男・石垣曜子氏及び監事の林繁樹氏については、引き続き再任としたい。

第四議案「遠隔地会員の入会金等の改正について」

1.遠隔地会員の入会金等については、現行「入会金3千円及び年会費2千円」としているが、これを「入会金2千円及び年会費1千円」に改正する。
2.同定款第25条第3項及び第34条第3項の招集については、「書面をもって」を「書面もしくはメールをもって」に改正する。

第五議案「講の参加費について」
 講の参加費について、会員と非会員とで差(例:会員1千円・非会員1,500円)を設けることとする。

第六議案「議事録署名人の選定について」
 議事録署名人については、議長の他圓山代表理事と松本理事を選定したい。

平成28年度事業報告及び決算、並びに平成29年度事業計画及び予算は総て総会にて賛成多数で承認されました。

平成28年度総会

開催日時:4月23日(土)午後1時半~2時半
会場:伊場仙ビル7階 会議室
出席会員:当日出席33名、委任状45名 合計78名

第一議案 平成27年度の事業報告と決算

1.事業報告

 江戸連は平成14年1月にNPO法人として発足して以来、13年間の歴史を積み重ねてきた。発足時は10数人に過ぎなかった会員数も年々増加し、現在83人になっている。
江戸連活動のモットーは、「江戸を遊び」「江戸を学び」「江戸の良さを今に活かす」ことである。活動の具体的な内容は①毎月の「講」、②「蕎麦連」「投扇連」などの「連内連」の活動及び③機関誌江戸連の発行などからなっている。

(1)「講」の活動(平成27年度「講の実績」参照)

 毎月の「講」は、「江戸を歩く」「江戸を学ぶ」「江戸の芸を楽しむ」という3分野を季節などを考慮しながら実施している。27年度は講演会6回、歴史散策4回、江戸の芸能鑑賞2回という実施内容であった。講には、毎回40~50人の参加を頂き、概ね好評であった。

江戸連には多彩な人材が揃っていることもあって、講演会の講師や歴史散策のガイドまた落語・江戸語りなどを会員自らが積極的に行うことを特徴の一つにしている。

27年度も、荒井孝昌会員には「江戸時代とは何か~江戸時代の歴史認識」という大変魅力的な講演をして頂いた。「年忘れ江戸の芸尽くし」では、大滝会員(花伝亭長太楼)に、落語(「親の顔」「芝浜」)を熱演して頂いた。
「日野・八王子の歴史散策」は新実・圓山両理事に、また「上野の山散策」「深川七福神」「赤坂・六本木の歴史と桜散策」は松本・圓山両理事にそれぞれガイドをして頂いたが、開催日はいずれも「江戸連日和」に恵まれ、快適な散策になった。
江戸連の人気企画となった「歌舞伎鑑賞」では、今回も石垣理事にお骨折りを頂いた。

27年度には、5人の外部講師に江戸の文化や歴史について興味深い講演をして頂いた。
道明三保子氏(「帯留めと組紐の歴史」)と赤坂治績氏(「歌舞伎とは何か」)は寿々方理事の紹介で、伊藤千尋氏(「浮世絵に見る江戸の子供文化」)は土屋会員と長谷田理事のご尽力で、「江戸の芸尽くし」で津軽三味線を披露してくれた澤田響紀氏は大滝会員の紹介で、また藤澤茜氏(「浮世絵の歴史」)と島崎春彦氏(「サムライが笑った」)は白石理事夫妻の紹介により、それぞれ実現した企画だ。素晴らしい講の企画にご協力頂き感謝する。

「江戸時代の『連』や『講』活動は、参加者が主体的に関わる行動文化であった」と言われているが、我が江戸連もかくありたいと思っている。

(2)「連内連」の活動

 江戸連の中には、「蕎麦連(石綿道場主・白石幹事長)」と「投扇連(仲下代表・塩出幹事)」という「連内連」活動がある。江戸連以外の人たちをも巻き込んで、活発な活動を行っている。大所帯になった江戸連が失いかけている「会員相互の親密なコミュニケーション」が得られるのが「連内連」の魅力の一つである。
おいしい十割蕎麦を打った後、囲炉裏を囲んで頂く酒肴と雑談の楽しみは「蕎麦連」の醍醐味である。「投扇連」では、投扇興だけでなく参加者が交代で「雑学」を披露しあっているが、江戸連らしい面白い企画だ。
また「高円寺江戸学講座(圓山塾長)」は、江戸連会員が講師になり、江戸を共通のテーマにして若者と交流する貴重な場となっている。

(3)江戸連のネットワーク及びホームページ

 江戸連はこの1年、ネットワークやホームページが機能停止になるという、運営上重大な危機に直面した。しかし、どうにか機能を回復することができた。回復にご尽力頂いた白石事務局長・渡辺理事・山本会員らに深く感謝する。ホームページは江戸連活動を外部にPRする重要な手段であり、かつ外部とつながる唯一のツールである(現にホームページを通じて、機関誌の申込み・講への参加などを多数頂いている)と認識して、今後ともその保全と充実に努めていきたい。

(4)江戸連機関誌11号の発行

 江戸連機関誌11号が、編集担当(長谷田・佐原両理事及び池田会員)及び会員諸氏の多大なる協力を得て無事発行された。数多あるNPO法人の中で、機関誌を定期的に発行しているのは稀だと思う。「機関誌江戸連」は江戸連の顔であり、かつ誇りでもある。
たくさんの会員諸氏から機関誌への投稿や販売に協力(会員は最低5冊・できれば10冊。役員は最低15冊・できれば30冊)に深く感謝する。おかげさまで1,300冊発行(うち200冊は品川宿で販売)した機関誌11号も、残りわずかになった。

2.決算報告(別紙1参照)

第二議案 平成28年度事業計画及び予算

1.事業計画

(1)「講」の計画

 例年通り「江戸を歩く」「江戸を学ぶ」「江戸の芸を楽しむ」という3分野を、季節などを考慮しながら会員が希望する魅力的な「講」を企画していきたい。
当面次のような講を企画している。

4月講(4月23日):圓山代表理事の緊急登板で、講演「江戸の火事とその経済学」
5月講(5月21日):新実理事の案内で、バスツアー「行田周辺の歴史と足袋蔵の散策」
6月講(6月18日):若き伝統工芸家・松本香さんの講演「江戸の工芸・芝山細工の盛衰」
7月講(7月23日):石綿さんの蕎麦打ち仲間である、岸間健貪さんの講演「絵解き謎解き江戸のそば猪口」

8月以降はまだ未定だが、恒例の「歌舞伎鑑賞」の他、何人かの魅力的な講師が候補に挙がっている。江戸連で是非聞いてみたいテーマや講師がありましたら、どしどし提案して欲しい。会員自身の講演や歴史散策案内なども大歓迎である。

(2)ホームページの整備・充実

 ここ数年来、江戸連にとっての最大の問題は、ホームページが機能不全に陥ったことであった。一応ハード的には機能回復した現在、ホームページの中味をどう充実していくかが今年度の重要課題である。講の通知や報告及び機関誌販売の紹介などをホームページを通じて継続的に行っていくために、会員諸氏のご協力をお願いしたい。そのために要する費用は確保したい。

(3)機関誌12号の発行

 今年度も機関誌12号を発行する。会員諸氏には、これまで同様原稿書きや機関誌販売について協力をお願いする。

2.事業予算(別紙2参照)

江戸連理事会よりの緊急提案
  
 今月の熊本大震災の災害に対して「江戸連」として、会員一人当たり約1,000円弱の負担となる合計80,000円の義援金を、ゆうちょ銀行「熊本地震義援金口座」へ寄付する。

第三議案 平成28年度役員体制

 今年度までは役員の任期期間であるため全員留任とする。ただし、役員の若返りに配慮する時期に差し掛かっており、若手(相対的に)役員の参加を歓迎する。

第四議案 議事録署名人の選定

 議事録署名人として、議長・長谷田理事、圓山代表理事、白石事務局長の3人を選定することとしたい。

平成27年度事業報告及び決算、並びに平成28年度事業計画及び予算は総て総会にて賛成多数で承認されました。

江戸連総会1 江戸連総会2