2017年2月月例会の報告

今年最初の例会は2月2日。いつもの阿佐ヶ谷市民センターの4階和室。この日はこの部屋から上がる歓声で4階はさぞ煩かったでしょう。
高得点の技が出るは出るは、その数20回! その都度大歓声が上がりました。
斎藤さんが7回、決勝戦では59点という今までになかった最高得点をたたき出し、次点の圓山さんが4回、1回戦で53点、普段なら最高得点でしたが、斎藤さんの59点が凄すぎました。
そして、あわや夢浮橋(50点)、横笛(35点)というきわどい技を圓山さんと三田さんが披露。
横笛(35点)は以前どなたか達成したことがありますが、夢浮橋(50点)は未踏の技です。
さらに、参加2度目の須藤さんが明石(15点)と東屋(13点)で37点を上げ、1回戦でベテラン仲下を相手に堂々の勝利。

優勝  斎藤さん
準優勝 圓山さん 三田さん
最高得点 斎藤さん 59点(新記録) 次点 圓山さん 53点
高得点の技:
 最多:斎藤さん 浮舟 30点 蓬生 35点 若紫 13点 早蕨 10点(4回)合計:118点(新記録) 
 次点:圓山さん 若紫・夢浮橋 17点 早蕨 10点(3回)合計:47点 
参加者:12名(荻原さんと古作さんが初参加。寿々方さんと山下さんは江戸雑学講座に参加)
 
高得点の数が多すぎるので「注目技」5点だけを紹介します。

斎藤さんの浮舟       斎藤さんの蓬生
斎藤さんの完璧な「浮舟」30点  これまた、斎藤さんの「蓬生」
この瞬間がたまらんのです。   35点!かなり難度の高い技で
見て下さい、この笑顔!     1年の内2-3回しか出ません。

須藤さんの明石    三田さんの朝顔・横笛
須藤さんの「明石」15点    三田さんの「朝顔・横笛」18点 
お見事!嬉しい表情をカット  もし蝶がまっすぐ立っておれば
してしまいすみません。    「横笛」35点。残念!

圓山さんの若紫・夢浮橋      斎藤さん優勝
圓山さんの「若紫・夢浮橋」  斎藤さん、おめでとう
17点。扇が扇子を完全に    ございます!
背負っておれば「夢浮橋」
50点という大技。いつも
クールな圓山さんが興奮、
しばらく固まりました。

投扇興の後は江戸雑学勉強会。
 ゲスト荻原さんの講演。 日本のかたち:数にちなむ造形から 建築・庭園
 「日本文化を学ぶ中で美術の世界を観てゆく時、美しさや芸術性について語るばかりではなく、視点を少し変えて観ると思いがけない知識を得ることがあります。
今回は”数と造形”をテーマに良く知られている優れた建築、庭園を中心に選び、造形美術の世界の多様な面白さと意味の深さについてスライド上映と合わせて1時間ほどお話をしました。今日まで大切にされてきた造形美術は、その全てに深い意味がある事に気づかされます。」 荻原延元
 「数」を切り口に語られる日本の建築と庭園の多様な面白さと意味の深さに「目からうろこ」でした。ありがとうございました。
荻原延元さん講演1   荻原延元さん講演2

 遊びと学びの後は「新福來」。旨い中華料理で飲むビールと紹興酒はうまかったぁ~
宴会

3月講「春の隅田川桜見物クルーズ」

日時:3月25日(土) 午後2時~4時半 雨天決行
コース:品川天王洲ヤマツピア桟橋から隅田川スカイツリーコース往復
     (約2時間)
集合場所:京浜急行新馬場駅北口改札前
集合時間:午後1時半
参加費:一人6,000円(含む乗船券&スナック)
定員:55名(江戸連会員およびその家族優先)
その他:酒・つまみ持込み可、ただし食中毒は自己責任
     (江戸連でビールは少々用意)
参考:船会社(株)ジール クルーズ事業部(電話:03-3453-0423)
    乗船名 ジークフリート
案内:新実正義

報告

 江戸連会員で理事、「江戸がたり」の創始者であります寿々方さんの先祖を尋ねる軌跡の講演でした。父方の四代前の先祖が北海道の網元であったという寿々方さんは、大学の授業で聴いた「もしほ草。これは江戸時代に上原熊次郎有次という人が書いた、世界で初めてのアイヌ語の辞書です」との教授の言葉が、ずーっと頭の片隅に残っていました。やがて、父上も主だった親戚の方も亡くなってしまいましたが、先祖を調べ始めると、寿々方さんの五代前の父方の吉田家の始祖、吉田和右エ門が上原熊次郎の次男の鉄次郎で、吉田家に養子に入った人であることが判明、そこで本格的に上原熊次郎について調べ始めると、大変優れた人であることが明らかになってきました。熊次郎はアイヌ語の通辞であり、後にロシア語の通辞としても江戸時代後期に活躍した人物でした。冒頭に述べたように、「もしほ草」というアイヌ語の辞書を著し、アイヌ語研究の第一人者の金田一京助先生をして「ただ単語を最も多く最も精密に記録した語彙であるばかりでなしに、これによってアイヌ語の構造をも観ることを得べく、またその古文書・古記録にもあたる貴重なものである」「この人を仰いでアイヌ語の鼻祖とすること云々」「通辞の中でも出色の通辞だった」と手放しの称賛ぶりです。熊次郎は、当時北海道へ進出しようと接触してきたロシアとも関わりを持ち、中でも北海道に長期にわたり抑留されることになったゴロブニン事件に関して、常に温情を持って捕虜たちに接し、言葉の壁を乗り越えて、事件を解決に導いたようです。金田一先生は、この件に関しても熊次郎を高く評価し、「北門の功労者」と称えています。後半生は、その能力と功績を認められて江戸詰めとなり、天文方高橋作左衛門景保の手附として勤務したとのこと。最後に、後の資料から、熊次郎の死後、吉田和右エ門である鉄次郎が養家を離れ上原の名跡を継いだとあり、寿々方さんの父方の始祖の吉田和右エ門はその後、養子に入った人だと考えられるということでした。いずれにしても、寿々方さんのこの先祖を尋ねる講演で、江戸時代に活躍し、世にあまり知られていない素晴らしい人の事蹟を学ぶことができました。詳しくは、寿々方さんの著書『北門の功労者 アイヌ語通訳・上原熊次郎』をお読みください。

北門の功労者

2月講



1月講「雑司が谷七福神めぐり」

 1月講は「雑司が谷七福神めぐり」です。雑司が谷周辺は日本ユネスコ協会連盟の「未来遺産」に指定され、「変わりゆく時代の中で、変わらないものの大切さを思いださせてくれるまち」として、様々な取り組みがなされているところです。七福神めぐりとしては歴史の浅いところですが、江戸時代の人気スポットである鬼子母神や雑司ヶ谷霊園(夏目漱石・中浜万次郎ほか)・旧宣教師館など見どころ満載のコースです。ガイド役は松本・圓山です。たくさんの連衆の参加をお待ちしています。

開催日:1月7日(土)
集合場所:地下鉄有楽町線「護国寺駅」1・2番出口方面改札口
     (池袋寄り・護国寺寄り)
集合時間:午後1時半
参加費:500円
コース:護国寺~清土鬼子母神(吉祥天。芭蕉句碑)~三角寛旧宅~
    雑司が谷旧宣教師館~雑司ヶ谷霊園(中浜万次郎・夏目漱石
    他。御鷹部屋の松)~清立院(毘沙門天。 雨乞いの松)~
    大鳥神社(恵比寿神)~本納寺(蜀山人の筆になる月花塚)
    ~並木ハウス(手塚治虫)~雑司が谷鬼子母神~大黒堂
    (大黒天)~観静院(弁財天)~法明寺~威光稲荷~中野
    ビル(布袋尊)~仙光寺(華福禄寿)
    全行程4キロ弱。色紙(500円)は清土鬼子母神前の花屋さん
    で購入できます。
新年会:午後5時~7時
    「鳥貴族池袋東口店」 03-6914-1991
    参加費 一人3,000円(呑み放題付き)

報告

 1月7日(土)13:30に有楽町線護国寺駅1・2番改札集合で新年恒例の江戸連七福神巡りの開始です。集まったメンバーは58名、2班に分かれそれぞれ圓山さん、松本さんのガイドで出発。
 天気に恵まれ、まずは護国寺へお参りし、側にある富士講の富士山に上り、いよいよ七福神巡りが始まりました。最初は清土鬼子母神にある吉祥天にお参り。この地で鬼子母神像が発見されたということや、鬼子母神が吉祥天の母親であるという案内に驚き、お参りして次へ向かいました。後は1月講の案内に紹介された道筋をたどって夕刻16:30過ぎに池袋駅前に着き、解散。

雑司が谷 がやがやお散歩マップ
未来遺産 雑司が谷 がやがやお散歩マップ

清土鬼子母神(吉祥天)   雑司ヶ谷霊園(夏目漱石の墓)
清土鬼子母神(吉祥天)    雑司ヶ谷霊園(夏目漱石の墓)

鬼子母神堂(大黒天)
鬼子母神堂(大黒天)

 懇親会参加者38名は懇親会場の「鳥貴族」に向かいましたが、まだ開店前で17:00まで店内で待機。その後いつものように談論風発、19:00解散となりました。